薬剤師として未経験の職場に転職した流れと結果

薬剤師としての知識があれば問題なく働くことができると実感

面接当日には緊張していましたが、想像していたような堅苦しい雰囲気ではなく和やかな感じだったので、緊張も和らいで自分の気持ちもきちんと伝えることができました。
手応えがあるかいまいちわからなかったので不安でしたが、面接はあっという間に終わったという感じで帰宅し、その後は結果の連絡が来るのを待つだけでした。
数日後に担当してくれている人から採用だと連絡が来た時にはびっくりしたし、本当に嬉しかったです。
担当者からは不採用でも悪いわけではなく、たまたまマッチングしなかっただけで、ミスマッチで採用になりすぐに辞めてしまうよりもはるかに良いと、面接に行く前に言われていたのでその点も気負わずに済んで良かったのかなと感じています。
初勤務の日を決めたり退職をスムーズに行うためのアドバイスもあって、円満に退職することができたのも良かったです。
いざ初出勤の日はドキドキしましたが、丁寧に教えてもらうことができたし今までの職場とはかなり異なる雰囲気で、新鮮な気持ちで頑張ろうと思うことができました。
ジェネリック医薬品やサプリメントの扱いがあったり、お客さんの質問に答えるなど調剤薬局にはなかった業務もたくさんあるし、覚えることは多いなという印象がありましたが、いろんなことを日々学べるのでやり甲斐はあるし、自分には合っていたんじゃないかなと思いながら働けて、転職して良かったなと実感しています。
未経験なので本当に大丈夫かなと当初はハラハラしていましたが、薬剤師としての知識があれば問題なく働くことができるんだと身をもって実感しました。

新たな働き先を探すことにしたきっかけはモチベーションの低下良いなと思ったのがドラッグストアの求人でした薬剤師としての知識があれば問題なく働くことができると実感

薬剤師 転職 未経験ブランクありや未経験の薬剤師が転職するときのポイント